筋トレとかカメラとかたまに子育てとか

宇和島城〜天赦園

   

愛媛県宇和島市にある宇和島城と天赦園へ行ってきました。

前前前前々々回ぐらいの記事「闘牛」の帰りに寄ってきました。

宇和島浪漫紀行の後編といったところです。

記事遅すぎるやろ

 

宇和島城

 

闘牛観戦により冷え切った体を車の暖房(設定29℃)で暖めながら走ること約5分で到着。

暖まる前に到着しました。

宇和島城は1600年頃に築城され仙台藩主であった伊達政宗の長男である秀宗が入城しています。

そんな歴史的な基盤によって宇和島市と仙台市は姉妹都市になっています。

この宇和島城ですが、街の規模に比べてかなり大きなお城でして、ふもとの駐車場から天守閣まで何通りかのルートがあり、徒歩で30分は掛かります。

ししまるは宇和島市生まれで中学校まで宇和島市に住んでおり、父方の祖父が宇和島城の近くに住んでいたので夏休みにはラジオ体操をしに駆け上がったものです。

まぁ庭みたいなものなんですね〜

 

ではハリきって登りましょう。

 

98c5d06ba773c9acf87a874f08344472-682x1024

 

こんな大木や通路が歴史を感じさせます

 

24acda48d4cca40ddb39cf9f45064944-1024x683

 

D71_5501-683x1024

 

と最初のうちは写真を撮りつつ余裕だったのですが、坂道の30分は歩きでもつらい・・・運動不足を実感してしまいます。

やっと中間地点。途中の公園で休憩します(自販機完備)

夏休みの早朝にこの公園でラジオ体操したものだぜ(遠い目)

 

ecb88caa5d074af6bf261c0390d0d8f6-1024x683180ea77307d8907d447d37c577fe45a4-1024x683

 

そしてようやく見えてきました天守閣

この日は休日で桜も咲いており結構な人で賑わっています

えぇ、ししまるが写真を撮りにきたんです。もうお分かりですね?

 

曇りの上にクソ寒いので人いませんでした・・・

悪夢は続くものです。帰ってから気づきました。先の闘牛の記事でもご紹介したように、先日買ったばかりの望遠レンズSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDを使いたいがためにカメラに付けっぱなしにしていた結果、城全体を撮影した引きのカットを撮っていないことに・・・

まぁ、あれだプロカメラマンがよくやる曇り空を入れないための高度な撮影術ってやつだな

 

83e36184b4df43b00279a716c89757a4-1024x683

D71_5430-1024x683

D71_5443-1024x683

 

 天赦園

 

宇和島城からほど近くにある天赦園は宇和島藩7代目藩主伊達宗紀が隠居用に建造した贅を尽くした大名庭園です。名前の由来は伊達政宗が晩年詠んだ漢詩から採ったものだそうです。

今回のししまるの来園目的は有名な白藤太鼓橋の写真撮影です。

この頃になると運よく晴れてきました。ではさっそく入場します。

天赦園に入場したのは初めてなのですが、伊達家の家紋でもある竹をいたるところに配置し、贅を尽くすとはこのことかと圧倒されるような景色が広がります。

 

D71_5794-1024x683

D71_5519-683x1024

D71_5743-683x1024

 

 

そしてついに白藤太鼓橋が見えてきました。

こちらです。

 

 

 

D71_5538-1024x683

 

 

伊達さんぱねぇっす!!

 

 

これが自分の庭ってのがすごいですよね。

実際にこの場に立つと迫力に圧倒されてしまいます。

その後も興奮しつつ庭園だけで500枚ほど写真を撮り大満足で帰路に着きましたとさそして我が家の庭に愕然としましたとさw

 

D71_5796-683x1024

 

おまけ

この庭園と駐車場共用で同じ敷地内にある天赦園さがのという料亭があり、父親に連れられて何度か行きました。

少々お高いのですがお肉もお魚もお酒も最高においしいです。庭園を見ながら食べれる個室もあり、落ち着いて食事ができます。宇和島に行った際には是非食べてみてください。

 

(撮影日2014年4月)

 

 - カメラ ,