筋トレとかカメラとかたまに子育てとか

PENTAX MX-1

   

PENTAX MX-1を購入しました。

サブ機にコンパクトデジタルカメラが欲しいなと思い、風景撮影に評判の良いペンタックスのデジカメで口コミでの評価が高い当機が以前から気になっていたのですが、先送りにしていたところ生産中止(噂だけ?)となり、安い価格で販売している店舗の在庫がなくなり価格がみるみるうちに上昇。

 

酒を飲みながらこのカメラ欲しいなって思っていたら、なぜか二日後にAmazonさんが届けてくれました。

 

カラーはブラックと当初は一般販売していなかったシルバーがあるのですが、シルバーをチョイス。
このカメラ最大の売りはやはりカメラ好きの心をくすぐる外観でしょう。フィルムカメラを思い起こさせるクラシカルなデザインで、通常のコンデジと違い、露出や撮影モードを軍艦部にあるスイッチ操作で簡単に変更できます。一眼レフに比べるとピクチャーコントロールやホワイトバランスの設定、ファインダーをのぞいたままでの露出変更等、撮影までの便利さ素早さは当然落ちますが、どうやって撮ろうかとカメラを操作している感じがあるのはうれしいですね。

IMG_0038-1020x765 チルト機能もついてるんですね~(指紋ベタベタ)

IMG_0040-1020x765

逆にこのコンデジはカメラ好きにじゃないと売れない気もします。
というのも、上下面に真鍮を使っているためコンデジにしてはかなりの重量と大きさ。一眼レフのようにレンズキャップもその都度手で外さないといけないため、手軽に撮影するという感じではないです。嫁ちゃん愛用の標準的なサイズのコンデジと並べてみましたが、その差は歴然です。

IMG_0036-1020x765

 

 

スペックは、35mm換算で28mm-112mmの4倍ズーム、1200万画素、開放絞り値がF1.8-2.5、さらにRAWで撮影できるという本格的な機能も購入の決め手になりました。

これがあれば一眼レフいらないんじゃないか・・・

RAW撮影を多用するししまるとしては、1200~1500万画素がちょうどいいサイズ。
A3サイズに引き伸ばさない限り画素数なんてわからない(はず)。D7100はバッファが小さいのに2400万画素もあってデータが大きすぎるんですよね。画素数を下げて連射の書き込みを速くしてくれという。

不安と言いますか不満といいますか強いて上げるとすれば

ファインダーがないこと。(一眼レフをやっているとファインダー越しではなく、後ろの液晶モニターを見ながら被写体を追いかける撮影っていうのが思いのほか難しい)

絞り開放F1.8なのにシャッター速度が最高1/2000(SS優先時除く)であり晴れの日の外での撮影に支障が出るんじゃないかということ。

一応ISO12800まで対応はしていますが、どの程度高感度に耐えられるかが疑問。ししまる的にはD7100ではISO3200が限界なので、ISO1600まで耐えてくれれば十分なのですが。

この辺りでしょうか。コンデジってことを考えると不満がこれぐらいしかないのがむしろ凄い。
ファインダーがないのは当たり前ですし・・・すぐに慣れるだろうし・・・
買う前に全部分かってる情報だし・・・

今日届いたばかりなので実写は数枚で、ペンタックスのカメラを所有するのは初めてなのですが、ペンタックスの色は想像以上にいいですね。
一眼レフのように買った日に設定をイジり倒して遊ぶとか、すぐに持ち出して撮影したいといったようなそこまでのワクワク感はないですが、室内で数枚撮った限りコンデジでここまで撮れたら十分ですし、写真を撮る楽しみがまたひとつ増えました。これからMX-1を使い倒していきたいと思います!

 

 

おまけ

興味津々のおちょちゃんにレンズ触られまくりで1日目にしてベタベタです・・・
(ピクチャーコントロールはナチュラルに設定。髪の毛も一本一本解像してますし、コンデジっぽくない肌の落ち着いた色合いは好みです。)

AaYkJEwgUQ2JH5M1426084596_1426084666

明暗差も十分行けます。

 

 

実写してみました⇒「西予市で桜と潮干狩り

 

 - カメラ