筋トレとかカメラとかたまに子育てとか

ちょっと怖い怪事件

   

ししまるは未解決事件をネットサーフィンするのも好きでして、あれやこれやと想像しては夜な夜なモヤモヤしています。夜中にトイレに行けなくなるぐらい怖い事件もたくさんあるんですがw

さて、今回は既に解決済みにはなっているんですが、どうも釈然としない何とも言えない残尿感が残る事件をひとつ。読み終わった後にみなさんこう言います。

「モヤモヤするわっ!」

福島女性教員宅便槽内怪死事件

 

[事件概要]

郡山から車で1時間ほどの阿武隈山地に位置する福島県田村郡都路村(現田村市)。

山間の静かな村にある教員住宅で事件は起こった。

平成元年2月28日の18時ごろ、村内の小学校に勤める女性教員のAさん(23)が、

住まいとしている小学校に隣接した教員住宅に帰宅し、トイレに入って何気なく中を覗くと靴のようなものが見える。

驚いて外の汲み取り口へ周ると蓋が開いていて、中を覗くと人間の足が見える。

Aさんはすぐに教頭先生ほか同僚の教員を呼び、同僚の先生が警察へ通報した。

まず近くの駐在から警官が駆け付け、続いて村の消防団員と三春署員が到着した。

署員らは便槽から中の人物を引っ張りだそうとするが狭くて出すことができず、

周りを重機で掘り起こし、便槽を壊してどうにか出すことができた。

便槽の中の人物はすでに死亡していた。

遺体はその場でホースの水で洗われ、さらに運ばれた消防団の詰所で洗われ、医師による検案が行われた。

検案で死因は「凍え兼胸部循環障害」と判定された。狭い場所で圧迫され凍死してしまったという見解である。

体にはヒジ、ヒザにすり傷がある程度で目立った外傷も無かった。争った形跡も無い。

死後硬直の状況から26日頃に死亡したものと思われた。

遺体の身元はすぐに判明した。現場から車で10分ほどの村内に住むSさん(26)だったからである。

警察はSさんが覗き目的で便槽内に侵入し、狭さで出れなくなって凍死したものと判断した。

 

 

はい。この事件ですね、結論としてはSさんがのぞき目的で自ら便槽に入って身動きできずに凍死したってことで解決したんですが、突っ込みどころが満載でして、どうも腑に落ちないんです。今のネット社会じゃこれで解決!ってのは許してくれないんじゃないかというぐらい裏がありそうです。

 

まず心理面からですが、事件概要の文章からは分かりにくいんですが、このトイレいわゆる「ボットン便所」でして、中から覗く=うんこまみれなんですね。ししまるも人並みにエロいですが果たしてウンコまみれになりながら見たいものがこの世にあるのか?といわれると・・・ うーん常人には計り知れない何かがあるのでしょうか。

さらに、Sさんは家族と同居しているという情報があるのですが、そうすると、仮にこの覗きが成功したとしても、この後全身ウンコまみれで車に乗って、ウンコまみれの靴を玄関に脱いで、ウンコまみれのままリビングに上がるわけで、ますます自分で便槽に入ったとは考えにくいのです。

 

そしてさらに有り得ないのは物理面から(まずはこの写真をどうぞ)

 

z246

 

この状態でウンコまみれになるってトラウマになりそうですが。

この図、あり得ないと思いません?

注目すべきは入り口の幅36センチってところです。大人の男がこんなに狭いところから全身を入れることが出来るでしょうか?

これに入れるということはウエストも36センチ未満なわけで、小柄な男性とかってレベルじゃなく、女性でも無理なんじゃ・・・

しかも、この体勢になるには頭から入っていったわけで、当然中は汚物で満たされているわけですから、すぐに窒息死しそうです。

 

0000108_2

 

事件概要の文中に検死の結果ヒジ、ヒザにすり傷がある程度で目立った外傷も無かった。とあるのですが上の写真を見ると分かるように便槽がどう見てもコンクリートなんですよ。こんなところに押し込んだら擦り傷じゃすまないと思うんですが・・・

 

事件が起こった村の中でもこの結果に疑問を持つ方はたくさんいるみたいです。Sさんは事件当時原子力関連の仕事に従事されていたとかで、今みると色々ときな臭い感じはします。

どうですか?この事件。予告通りモヤモヤしたでしょ((+_+))

一番の謎はAさんがその後どうやって用を足したのかという・・・

 

事件を追ったサイトも数多く存在していますので、興味を持たれた方は是非ググってみてください。

 

 - ミステリー