筋トレとかカメラとかたまに子育てとか

フォレスターD型S-Limitedに1,000キロ乗ったので感想を書くよ!

   

いや~先日の22日でついにフォレスターD型の受注が終わりE型へと切り替わりますね。

去年夏には10月頃では?と言われ、各ディーラーを回っていたら年末か年明け早々にE型に切り替わるのでは?という営業マンばかりだったので思ったより発売時期がずれ込んでるなという印象。新型インプレッサが好調でずらしたのかもしれません。

アプライドモデルのE型は現在でもまだ噂レベルですが一部の色の廃止、MTの廃止等の改良というよりはモデルの縮小の方向になるようです。

ま、あくまで噂レベルですが。

さすがに来年がフルモデルチェンジといわれている中で、車線中央維持機能や電動パーキングの追加はないでしょう(願望)

となるとD型を買った俺大勝利じゃないか!!

さて、ししまるのフォレスターD型が1月9日に納車されて約2週間。早くも1,000キロを走行しました。

14、15日が大寒波に見舞われ近所の買い物にすら乗れなかったことを考えるとかなりのハイペースで乗っていることになります。
ちなみに高速道路500キロ、一般道500キロを走行しています。



慣らし運転を終えた今、フォレスターのここがスゴい!を少しお話します。

ぼくがかんがえたふぉれすたーのすごいところ

(1)一番のスゴさは所有する満足感と走り

車にさほど興味がないししまるがブログの記事にするぐらい乗るのが楽しくなる車です。

走りに関しては想像以上でした。

上り坂を走ってみると今までの車との違いが顕著。少しアクセルを踏んでやるだけで地面に張り付いたように軽々と登ります。

よく通る海沿いの高速道路でいつも強風の場所があり、追い越し時は緊張するほどハンドルを取られていた魔の道路だったのですが、フォレスターで走ると風の影響をほとんど受けませんでした。
4WDであることと、車内の静寂性も合わせて、嫁ちゃんが今日は風が弱いねと言うほどの安定感。
実際は休憩でPAに止まるとドアが開けられないぐらいの強風でしたが・・・

車体の高さからコーナーは苦手かなと思っていたのですが全くぶれることなく思い描いた通りのラインを走ってくれる。

NAモデルですが、低速トルクも充分で大人2人子供1人が乗った状態で出足でストレスを感じることはまずない。
よほど発進時の加速が欲しい方はXTへどうぞ。

決して高級車ではないですが、内装も高級感があり大満足。

(2)アイサイトが凄すぎる

試乗した段階からお気に入りでしたけど、実際に長距離の高速道路で使ってみて凄いの一言。
もうアイサイトなしでは生きていけない体にw

大袈裟じゃなく、一度ICで合流してしまえば休憩のためにSAかPAで車を停める時以外アクセルもブレーキも踏まなくてOK。
何度か下道でも使いましたが渋滞時は本当に楽ちん! 疲労度が全く違います。ただ前を見ているだけに加えてこの時期にシートヒーターをオンで乗っているとポカポカと快適過ぎて眠気を誘いますw
 
(3)見切りがいい

アメリカで視界がいい車NO.1に選ばれたほどに運転席からの視界が半端じゃなくいいんです。窓の大きさもそうですが、AピラーとCピラーの角度もよく考えられていて死角が少ない。
嫁ちゃんが初日から乗りこなしていて、バックも全然苦になっていない。

富士重工の前身は戦闘機を作っていた会社なので視界が重要な戦闘機の伝統を酌んでいるんだと昭和に思いを馳せてみる。
 
(4)ボクサーサウンドがかっこいい

静寂性が高い車なので昔ほどエンジン音は聞こえないですが、それでも高速や坂道で加速した時のボクサーエンジンの音はかっこいい。
もっと聞きたいからと加速しすぎないように要注意ですな。

 
室内空間はミニバンに比べるとだいぶ狭いので子供が3人以上になるとさすがにキツいですが、4人家族迄なら全然いけます。

ミニバンと同サイズなのに車内空間が狭い=がっちりとしたシートで体が包み込まれママも子供も快適に寝ることができ、分厚いドアで万が一の時にも安心、分厚さに比例して重いため子供の力でとっさには開けにくく人様の車にドアパンチをする恐れも少なく、むしろ子育て世代にこそオススメなのではと思うほどの車です。


正直、見えてないだけで欠点もたくさんあるんだと思います。
今でもウェルカムライトいらないとかオートワイパーの感度が良すぎだとか、フロンロに比べてリアが少し寂しいかな?というのはあるんですが、ウェルカムライトや感度はディーラーで設定変更ができ、リアはエアロを付けようかなと思っているのでおいおい改善できる細かいところばかりなんですね。

時代はスバルやで~

 

 -